• x86-64CPU & Nvidia GPU用高速ソフトウェア開発キット

    最新リリース - 現在出荷中

HD、4K & 8KのためのJPEG XS圧縮
光の速さで!

CPUまたはGPUに入手可能で、新しいJPEG-XS規格と多くの機能を実装し、intoPIXのFastTICO-XS SDKは、アプリケーションの最適化のために、最高品質、最低遅延、視覚的にロスレスなコーデックを提供します。FastTICO-XS SDKは、超低遅延でロスレスなエンコーディングをインフラストラクチャとワークフロー全体に展開したいと考えているすべてのプロフェッショナルに最適です。 

Intel & AMD x86-64 CPU SDK
Nvidia GPU SDK

START

個人向け

スタンドアロン TICO-XSエンコーダまたはデコーダSDK 


ビデオインフラの最適化のための最高品質のビジュアルロスレスコーデックです。TICO-XS startは、テストアプリケーションや研究プロジェクトに最適です。 

このパックは、非営利目的で使用されます。 


見積もりをもらう

PRO

すべてのオペレーティングシステムでHDとUHD-4Kをサポート対応のフルTICO-XSエンコーダ&デコーダ


TICO-XS Proは、インフラストラクチャの一部または全体にゼロ遅延、ロスレスエンコーディングを導入したいと考えているすべてのプロフェッショナルに最適です。


プレミアムサポート&カスタマイズプログラムへのアクセスを有効にします。


見積もりをもらう

(業務用)

ULTIMATE

(先端のパフォーマンスのために)

 TICO-XS Proのすべての機能を含み極端な並列処理で8K、4Kハイフレームレートと特定の画像入力を追加


TICO-XS Ultimateは、放送と先進的なPro-AVアプリケーションの未来へのトッププロダクションに最適化されています。 




見積もりをもらう

何が新しいのか?

FastTICO-XS x86-64 
  • x86-64 Intel & AMD CPU SDK v2.2のリリース: エンコード速度の改善とSMPTE 2110-20(2020年11月)に準拠した新しい入出力フォーマットのサポート
  • x86-64Intel & AMD CPU SDK v2.0のリリース : 2倍のスピード、低いレイテンシー、新しいSDIマッピングアドオン !-詳細はこちら(2020年9月)
  • x86-64 Intel & AMD CPU SDK v1.5のリリース : FastTICO-XS SDK v1.5 は、エンコード、デコードともに購入・評価可能です。これは重要なリリースで、多くの機能、パフォーマンスの向上、遅延の低下、品質の最適化、メモリ使用量の削減などが含まれています。

FastTICO-XS Nvidia GPU 
  • Nvidia GPU SDK v1.2.5のリリース : 2倍速エンコーダー、新Jetson対応、8Kリアルタイムエンコード&デコード -すべての詳細を読む(2020年8月)
  • Nvidia GPU SDK v1.2.4のリリース : FastTICO-XS SDK は、Nvidia GPU で 驚異的なパフォーマンスで エンコードとデコードの両方が可能になりました (下記参照)。 Nvidia JETSON GPUもSDKでサポートされるようになりました。 

FFmpeg アドオン 
  • FFmpeg Add-Onリリース : 新しいintoPIX FFmpeg Add-On は、JPEG-XSをビデオワークフローで迅速に活用したいと考えているすべてのFastTICO-XS SDKのユーザーの皆様にご利用いただけます。この新しいリリースは、x86-64 Intel & AMD CPU SDK Release v1.5 と Nvidia GPU SDK Release 1.2.3 に対応しています。詳細はこちら

NVIDIA社Rivermaxアドオン 
  • リバーマックスの統合例リリース: 新しいRivermax Add-Onは NVIDIA Ethernet NIC(ConnectX-5など)を使用して、NVIDIA Rivermax SDKでJPEG-XSを迅速に活用たいと考えているすべてのFastTICO-XS SDK ユーザーに提供されますすべての詳細はこちら(2021年6月)

機能の概要

品質と遅延 
  • JPEG XSに準拠した、クラス最高の視覚的ロスレスビデオコーデック。
  • コンスタントビットレート・スループット(CBR)で圧縮率(フレーム・バイ・フレーム)を調整可能
  • 数学的ロスレスからニアロスレス / 視覚的ロスレスへ(1.5bpp*まで)
  • 最適な低遅延APIによる超低遅延能力(CPUでわずか数行まで)。
  • リアルタイム運用に最適化/リアルタイム運用よりも高速 

プロセッサー (CPU / GPU)

  • エンコード/デコードにおける高度に並列化された処理 
  • x86-64 Intel / AMD CPU (SSE 4.1, AVX2, AVX512 ) (SSE 4.1, AVX2, AVX512 ) 
  • Nvidia GPU (CUDA)

画像フォーマットとフレームレート 

  • モノクローム対応(4:0:0、Alpha) 16bitまで対応
  • 4:4:4、4:2:2、 4:2:0 ; 8/10/12/16ビット、RGB、YCbCr、XYZに対応 
  • 8K UHDTV-1 (8192)まで検証済み 
  • フレームレートは、 CPU / GPU パフォーマンスと SDK パッケージに依存します。
  • HDRとSDRに対応
圧縮 
  • JPEG XS規格およびプロファイル(High、Main、Lossless、...)に準拠。
  • intoPIXのパフォーマンスと品質向上による追加の高度な機能。
レート制御 

  • 調整可能な圧縮率(最大36:1(1bpp)))
  • コンスタント(予測可能な)ビットレート(CBR) 
  • JPEG XS Math Lossless Coding Profileのストレージアプリケーション用VBRモード
オペレーティングシステム

  • Windows(32ビット/64ビット) 
  • Linux (32ビット/64ビット) 
  • macOS (64ビット)

*コンテンツの種類や解像度に依存

アドオン 

  • Embedded Downscaler Add-On: Proxy x1 & x2 デコーディング(例:8K XS圧縮ビデオストリームから直接HD解像度または4K解像度をデコード)を行い、CPU またはGPU の負荷を軽減します。 
  • FFmpeg Add-On : intoPIX SDKをFFmpegに直接接続します。
  • 色指定ボックスの挿入/取り出し/ビデオサポートボックスの挿入/取り出しは、JPEG-XS part 3から行います。
  • SDI Mapping Add-On :既存の3G/HD-SDIケーブルを使って4K/8Kのマッピングを効率的に行うことができます。このユニークな機能は、禁止されているEAV/SAVコードを避け、SDIアクティブエリアを完全にマッピングするために、XSコードストリームを再フォーマットし、圧縮/品質性能を20%向上させます。
  • NVIDIA Rivermax Add-On : intoPIX SDKをNVIDIA Rivermaxに直接接続、JPEG XSSMPTE 2110-22 低遅延 (PTP sync) NVIDIA Ethernet NIC (Mellanox ConnectX-5,...) を使用したビデオ伝送、 ユーザーフレンドリーな送信と受信の例を使用しています。
  • TICO-XS²,  intoPIXのKVM、AVoIP、PCアプリケーション用の”Flawless Imaging Processing"アドオン

What our users say

最新の性能をお訊ねください。 

intoPIXのFastTICO SDK は、継続的にパフォーマンスを伸ばしています。 intel/AMD / NVidiaの最新アップデートにアクセスのために私たちにお問い合わせください。

通常のCPUとGPUプロセッサのほとんどで、リアルタイムまたはそれ以上の速度で動作します。お使いのプロセッサと設定(ストリーム数、解像度など)をお知らせください。

?
Verification code

リソース

製品資料のダウンロード
最新のXSニュース

関連製品