• エネルギー効率の高いディスプレイとモバイルデバイスを構築

    イメージングパイプラインとインタフェースの簡素化

    intoPIXのTICO-XS IPコアで

intoPIXによる民生エレクトロニクス・ソリューション

TICO 技術で、そのJPEG標準化 (参照 JPEG-XS) と新しいリリース TICO IPコア, intoPIX は、次世代モバイルデバイス向けのSoCの開発を加速し、品質レベルの向上と帯域幅の効率的な削減を必要とするディスプレイを提供しています。

8Kのような高解像度ディスプレイやより高いリフレッシュレートでは、新しい高度なコーディング方法が必要です。( TICO SMPTE RDD35、VESA DSC 1.2、またはその他の独自のコーデックなどの技術を超えて) 

このため、 intoPIXは 新しいTICO コーディング プロファイルと新しいJPEG-XSとしてJPEG標準化されたTICO-XSと呼ばれる新しい IPコアを開発しました。2015年にリリースされたTICO標準(SMPTE RDD35)のように、 TICO-XSは、ラインベースの遅延、ロスレス品質のビデオ圧縮を提供し、ディスプレイリンクの有効帯域幅容量を増やし、必要なレーン数を削減し、消費電力、システムコスト、電磁干渉を低減します。


intoPIX TICO と新しい TICO-XSはスマートフォンなどのモバイルデバイス向けに高度に最適化されています。 IPコアは、デバイスメーカーの設計の柔軟性を高め、いくつかのユニークな機能を提供します。

ソリューションエキスパートと話す