intoPIXによるAdobe Premiere® JPEX XSプラグイン 

HD、4K、そして8Kビデオ編集、超高速&超軽量!

intoPIXのプラグインを使用して、JPEG XSMXF ファイルのインポート、編集、エクスポート、および最大 32 の非圧縮オーディオチャンネルを使用してワークフローをスーパーチャージします。充実した機能と柔軟性で、Adobe Premiere Pro は、ウェブ、テレビ、長編作品を作成するための業界をリードするビデオ編集ソフトウェアです。


FastTICO-XS SDK組み込むことで、このプラグインはHD、4K、8K超低遅延ビデオ編集で、CPUまたはGPUで超高速なエンコーディングとデコーディングを可能にします他の多くのエクスポートオプションの中で、希望するビデオ圧縮率、JPEG XSエンコーディングプロファイル、ピクセルフォーマット(RGB 4:4:4、UYVY 4:2:2、またはV210 4:2:2)、同様オーディオチャンネルのサンプル深度とレイアウト(モノラル、ステレオ、5.1など)を選択することができます。

ワークフローへの価値

  • 普通のノートパソコンで光の速さでHD、4K、8K編集:HD、4K、8Kのビデオを簡単かつ迅速にインポート、再生、エクスポートすることができます。JPEG XSのおかげで、最高の画質を維持し、最も低遅延でコンテンツを処理することができます。 

  • プロキシは、JPEG XS MXFファイルのマスターの一部であり、そのサブ解像度を表示するだけで、HD、4K、8KJPEG XS ファイルを(再)表示することができ、編集や再生の帯域幅と計算負荷を大幅に軽減します。このプラグインを使えば、フル解像度と低解像度を瞬時に切り替えることができます。
MXF XSファイルから必要な解像度を開くだけです。

今すぐ試してみてください!

15日間のトライアルを依頼する
見積もりを依頼する

JPEG XSについての詳細はこちら

ブログ
SMPTE 2110-22 は、IPワークフローを介して圧縮されたビデオを伝送するための標準化された方法を定義します。
続きを読む
ブログ
JPEG-XS技術は他のコーデックと何が違うのでしょうか?

続きを読む
標準
JPEG XSについての詳細はこちら
​(ISO/IEC 21122)規格

続きを読む