• 簡素化
    メディア IP &ブロードキャスト

    画質を維持し、帯域幅効率を高めます 

    HD、4K、8Kまたは他の解像度でのプロのメディアプロダクション

プロのメディアのIPへの移行
SDIまたはIPを介して
LANを介して、WAN内のCLOUDに
4K HDRから8Kへ
XSで帯域幅効率の高いST2110
TR01を使用したリモートプロダクション
なぜ圧縮

プロフェッショナルメディアのIPへの移行

IT ネットワークは、ほとんどのブロードキャストおよびメディア操作の中心に位置し始めます。 intoPIX は、これらの操作をサポートする製品を作成するために、IPコアとSDKを提供します。

IPネットワーキングは、新しいライブワークフロー、非物質化された施設、およびクラウドベースのオペレーションにあるSPMTE ST2022やST2110規格に沿って、メディアコントリビューションと配信に革命をもたらしました。 


intoPIXの JPEG XS、 SMPTE RDD35そして JPEG2000 超低遅延のような圧縮は、 IP (1G/10G/25G) で HD、4K、8K ストリームを管理するためのネットワーク容量を拡張しており、最小の遅延(1 ミリ秒以下) と視覚的にロスのない品質を維持しています。

intoPIXを使ってSDI からIPへ

既存のHD-SDI/3G-SDIを介して4K伝送 

単一のHD-SDIまたは3G-SDI ケーブル上で UHDTV 4K 60P を伝送するためのTICO-XS またはTICOメザニン圧縮のマッピングは、SMPTE RDD35およびintoPIXで指定されています。私たちは、3G-SDI/HD-SDIソルーション上の4Kを作成するために必要なビルディングブロックを提供しています。intoPIXのTICO-XS IPコアとペリフェラルIP を参照して、SDI 上の圧縮をマッピングしてください。

既存のSMPTE2022-6IPプロトコルを介した4Kのトランスポート

SMPTE ST2022-6 は、TICO-XSまたはTICO を使用して、IP 上のHD-SDI または 3G-SDI のトランスポートを定義しているため、既存のSMPTE 2022-6 システムを活用して、SMPTE 2022-6規格を使用して、単一の10GbEポートを介して最大 3~6 本の UHDTV 4K 60P ストリームを伝送することが簡単にできます。

TICO-XS またはTICOでSMPTE 2110 (-22)を介してHD、4K、8K のトランスポートは、あらゆるビデオフォーマットをIP上で、完全な柔軟性とintoPIXソルーションのすべての利点を利用して伝送することができます。

  • TICO XSで:JPEG XSのIETF RFCは、TICO XSと一緒に使われるためにJPEG XSのRTPペイロードを規定しています。
  • TICO RDD35で :SMPTE RDD35 は、RTP ペイロードを指定します。 
TICO-XS IPとSDK
TICO RDD35 IPとSDK
TICOアライアンス

ライブ制作ワークフローの簡素化
LAN内、WAN経由、およびCLOUD

SDI の置き換え - 非圧縮ビデオの置き換え - IP (ST2110)への移行

LANでは

  • より安価なケーブル (CAT5e<1Gpbs、CAT6<10Gbps)
  • PCにフレンドリー
  • 新しいケーブルを再配置する必要はありません

WANを介して

  • 費用対効果の高い帯域幅:非圧縮ビデオより10倍~15倍小さい
  • 遠隔生産、VAR、設備間を容易にします

CLOUDの方へ

  • CPU,GPU およびFPGAに効果的
  • 低遅延アクセス(AWS CDI、...

4K HDRビデオを超えて:
​intoPIXで8K制作

1本の10GbEで

TICO-XS とTICO は TICO-XS RTPペイロードとSMPTE 2110 トランスポートを使用して、単一の 5GbE / 10GbEリンクを介して、8K 60fps ビデオストリームを ロスレス品質 伝送することができます。

1本の6G-SDI/12G-SDIを介して

それはすでに解決されました。intoPIX は、ロスレス品質で1本の 6G-SDI または 12G-SDI リンク上の 8K 60fps ビデオ ストリームを運ぶことができます。

JPEG XSであなたのIPネットワーク全体をとうして帯域幅の効率化 

intoPIXの革新的な画像処理およびビデオ圧縮ソリューションは、IPネットワークでのワークフロー全体を通じてHDまたはUHDブロードキャストカメラのセンサーから直接帯域幅効率を作成します。 

当社のIPコアとSDKへの代表的なアプリケーションは、 カメラ、ビデオ編集、KVM、トランスコーディング、録画、マルチビューア、再生、など多くです。

TICO-XS IPコアとSDK

圧縮されたビデオオーバー IP の標準

SMPTE ST2110に広く使用されているPart 22 は、JPEG-XS圧縮ビデオオーバーIPワークフロー伝送のための標準化を定義します。ST 2110への圧縮ビデオの導入は、既存の IPベースのワークフローに – 柔軟性、スケーラビリティ、無制限のアクセシビリティを増強させます。ユーザーに、コスト効率の高い COTS 1GbE/10GbEネットワーク上の4Kや8Kのような一般的な高帯域幅ビデオ伝送を可能にします。  

コントリビューションとリモート制作
JPEG 2000およびVSF TR01を使用する場合

intoPIX JPEG 2000は、完全に放送のニーズに合っています。その改善された圧縮効率は自然なイメージクオリティを提供します。その解像度のスケーラビリティはシームレスにフル解像度から、取得サイトと制作中に非常に便利な機能で、小さな解像度のプロキシの抽出を可能にします。

また、フレーム内の性質により、チェーン全体で低遅延処理が行われ、伝送中のエラー復元性が向上し、編集が容易になりました(バットスプライシング)。最後に、各エンコードおよびデコードステップで追加のイメージの劣化を回避する能力は、ワークフローの多数のポストプロダクションプロセス中に一定の品質のマルチジェネレーションを提供します。さらに、intoPIXが開発の独自の超低遅延モードによってライブ伝送に追加の利点を提供します。


VSF TR01 V1: 

SMPTE 2022 1/2でのJ2K 


intoPIXは、 VSF によって編成された相互運用性テストに首尾よく参加しました 

 Intel社とXilinx社ベースのリファレンス設計。また、我々の努力は2015年にはEMMYアワードを受賞しています。私たちは、お客様が競争力のあるVSF TR01ソリューションを作成できるようメモリーコントローラーやMPEG2-TS IPコアと同様に、幅広いJPEG 2000エンコーダ&デコーダIPコアを開発しました。





VSF TR01 V2: 

超低遅延のJ2K 


時間の正確さが必須の、ライブイベントや放送のようなフィールドで 

遅延が許容できない、追加の超低遅延機能が、より小さい処理遅延を可能にするJPEG 2000 IPコアに追加されました。

エンコードとデコードの間のフレーム。

intoPIXは、 VSF TR01 仕様を更新するためにVSF J2Kグループで仕事します。 

intoPIX JPEG 2000 ULL エンコーダ/デコーダ コアを利用することは、ブロードキャスト設備で相互運用可能です。 



ビデオ圧縮:
長期的解決策

画像圧縮は、圧縮されていないビデオを再び伝送するためにネットワーク帯域幅が増加する前の移行ソリューションと見なされることがよくあります。しかし、ロスレス品質とほぼゼロの遅延のおかげで intoPIX のブロードキャストソリューションは、非圧縮ビデオよりも様々な利点を持つ持続可能な代替であり得ます。



高い信頼性

順方向誤り訂正(FEC)を使用することで、圧縮されたビデオは、非圧縮よりもIPネットワーク上でのパケットロスの可能性が低くなります。


将来性

Simply extend from HD to 8K, increase bit-rates, frame-rates, ... without the need of extensive network constructions.



より費用対効果の高い

intoPIXの 革新的な圧縮の実装により、ネットワークへの投資を大幅に削減し、COTS IP製品を使用することができます。


What our users say

 Related content

解決策
トランスポート、ストレージ、ディスプレイ用の8Kソリューションの詳細を読む...

Read more ...
製品
機器メーカー用のIPコアとSDKとして提供のISO JPEG XS標準コーデックについての詳細。
Read more ...
記事
JPEG XSの技術が他のコーデックとどう違うのかをご覧ください。

Read more ...

ソリューションエキスパートと話す