• MEDIA IP & BROADCASTを簡素化

    HD、4K、8Kの画質を維持し、帯域幅効率の高い制作ワークフローを構築します。 

IPへのメディア変遷
4K, 8K : SDIまたはIP?
LAN, WAN & CLOUD
4K HDRから8Kへ
JPEG XSを搭載した効率的なST2110
REMOTE PROD WITH TR01
TicoRAW
なぜ圧縮なのか?

プロフェッショナル・メディアのIPへの移行

ITネットワークは、ほとんどの放送・メディア業務の中心になり始めています。intoPIXは、これらの業務をサポートする製品を作成するためのIPコアとソフトウェアソリューションを提供します。

IP ネットワーキングは、新しいライブワークフロー、脱物質化された施設、cloud-based operation の中核となるSMPTE ST2022 および ST2110 規格とともに、メディアコントリビューションと配信に革命をもたらしました。 


JPEG XS、TicoXS FIP,SMPTE RDD35そして JPEG 2000超低遅延といったintoPIXの圧縮ソリューションは、IP(1G/10G/25G)上でHD、4K、8Kストリームを管理するネットワーク容量を拡張し、最小の遅延(1ミリ秒まで)と視覚的なロスレス品質を維持しています。

intoPIXを使ってSDI からIPへ

TicoXS (JPEG XS) を使用したSMPTE 2110 (-22) によるIP での HD、4K、8K の伝送。 TicoXS (JPEG XS) により、あらゆるビデオフォーマットをIP上で、完全な柔軟性とintoPIXの帯域効率ソリューションのあらゆる利点をもって効率的に伝送することができます。VSF TR08またはJPEG XS IETF RFCの詳細をご覧ください。 

既存のHD-SDI/3G-SDIで4K/8Kを伝送 

TicoXS (JPEG XS ) またはTico (SMPTE RDD35 )メザニン圧縮のマッピングは、単一の HD-SDIまたは3G-SDIケーブルで UHDTV 4K 60Pを伝送するために、SMPTE RDD35およびintoPIXにより完全に指定されています。intoPIXは、4K over 3G-SDI / HD-SDI または 8K over 3G-SDIソリューションを作成するために必要なすべてのビルディングブロックを提供します。intoPIX TicoXS IPコアとペリフェラルIPを見て、SDIでの圧縮をマッピングしてください。

既存のSMPTE2022-6 IPプロトコル上での4Kまたは8Kの伝送

SMPTE ST2022-6は、TicoXSまたはTicoRDD35を使用して、HD-SDIまたは3G-SDIをIP上で伝送することを定義しているため、既存のSMPTE 2022-6 システムを活用して、SMPTE 2022-6規格を使用して、1 つの10GbEポート上で最大 3~6 つの UHDTV 4K 60P ストリームを伝送することが容易にできます。

TicoXSソリューション (JPEG XS )

ライブ制作ワークフローを簡素化
LANで、WANで、そしてCloudへ

SDI の置き換え - 非圧縮ビデオの置き換え -IPへの移行 (ST2110)

LANでは

  • ​Cheaper cables (CAT5e<1Gpbs, CAT6<10Gbps)
  • PCにフレンドリー
  • 新しいケーブルを再配置する必要はありません

WANを介して

  • 費用対効果の高い帯域幅:非圧縮ビデオより10倍~15倍小さい
  • 遠隔生産、VAR、設備間を容易にします

Cloudへ

  • CPU,GPU およびFPGAに効果的
  • 低遅延アクセス(AWS CDI、...

4KHDR映像のその先へ:
intoPIXによる8K制作

1本の2.5GbE、5GbE、10GbEケーブルを介して

TicoXS JPEG XS RTPペイロードとSMPTE 2110トランスポートを使用して、 8K 60fpsのビデオストリーム ロスレス品質で 、1本の2.5GbE/5GbE/10GbEリンクで 伝送することができます

1本の3G-SDI/6G-SDI/12G-SDIケーブルを介して

intoPIXが、8K 60fpsのビデオストリームを1本の3G-SDI、6G-SDI、12G-SDIリンク上でロスレス品質で伝送できることが既に証明されています。

JPEG XSで、IPネットワーク全体の帯域幅を効率化。

intoPIXの革新的な画像処理およびビデオ圧縮ソリューションは、IPネットワークでのワークフロー全体を通じてHDまたはUHDブロードキャストカメラのセンサーから直接帯域幅効率を作成します。 

当社のIPコアとSDKの代表的なアプリケーションは、カメラ、ビデオ編集、KVM、トランスコーディング、レコーディング、マルチビューワ、プレイバックなど、多岐にわたります。

TicoXS IP コアとSDKs

圧縮Video over IPの標準

SMPTE ST2110に広く使用されているPart 22 は、JPEG-XS圧縮ビデオオーバーIPワークフロー伝送のための標準化を定義します。ST 2110への圧縮ビデオの導入は、既存の IPベースのワークフローに – 柔軟性、スケーラビリティ、無制限のアクセシビリティを増強させます。ユーザーに、コスト効率の高い COTS 1GbE/10GbEネットワーク上の4Kや8Kのような一般的な高帯域幅ビデオ伝送を可能にします。  

JPEG 2000 & VSF TR01でコントリビューションとリモートプロダクション

intoPIX JPEG 2000は、完全に放送のニーズに合っています。その改善された圧縮効率は自然なイメージクオリティを提供します。その解像度のスケーラビリティはシームレスにフル解像度から、取得サイトと制作中に非常に便利な機能で、小さな解像度のプロキシの抽出を可能にします。

また、フレーム内の性質により、チェーン全体で低遅延処理が行われ、伝送中のエラー復元性が向上し、編集が容易になりました(バットスプライシング)。最後に、各エンコードおよびデコードステップで追加のイメージの劣化を回避する能力は、ワークフローの多数のポストプロダクションプロセス中に一定の品質のマルチジェネレーションを提供します。さらに、intoPIXが開発の独自の超低遅延モードによってライブ伝送に追加の利点を提供します。 


VSF TR01 V1: 

 SMPTE 2022 1/2でのJ2K

 

intoPIXは、VSFが主催する、intelおよびXilinx(AMD) ベースのリファレンスデザインとの相互運用性テストに成功しました。さらに、私たちの努力は、次のような賞を受賞しています。 2015年のEMMY AWARD.当社は、お客様が競争力のあるVSF TR01ソリューションを作成できるように、JPEG 2000エンコーダ&デコーダIPコア、メモリコントローラ、MPEG2-TS IPコアを幅広く開発しました。




VSF TR01 V2: 

超低遅延のJ2K


ライブイベントや放送など、時間精度が要求され、遅延が許されない分野では、超低遅延機能をJPEG 2000IPコアに追加し,エンコードからデコードまで1フレーム以下の遅延で処理することが可能です。 intoPIXは、VSF J2Kグループにおいて、VSF TR01仕様を更新し、intoPIX JPEG2000 ULL エンコーダ/デコーダコアを放送設備で相互運用できるようにするための活動を行っています。


TicoRAWを使った新しいキャプチャーのワークフロー

TicoRAWは、低遅延のRAWベイヤーストリーミングを可能にします:

  • CameraからCloud ;
  • Cameraからデータセンターまで;
  • CameraからStudio;
  • CameraからリモートCCUに送信します。


TicoRAWをライブ制作に使用する利点 :

  • 高品質のRAW Bayerストリーム(例:SMPTE 2110-22以上)を直接クラウドまたは遠隔地に、ゼロレイテンシー、低帯域幅、低複雑性で伝送します。
  • 強力なリモートプロダクションリソース(ISP Debayering, Stitching, Virtual View, Machine Learning, Automation, Region of Interest,...)を活用します。
  • 特定のロボットの使用を避け、スタジオやスタジアムでより大きな解像度(8Kカメラ、カメラアレイ、360度カメラなど)を効率的に撮影するために固定カメラを用意する。
  • 高速カメラや8Kカメラから、より多くのRAWデータをキャプチャー&トランスミットします。

カメラアレイの例

スタジアムの周囲に多数の小型カメラを円形に設置し、フィールド全体を撮影することで、試合の様子を見逃さないようにするためです。TicoRAWでこれらのカメラで生成された膨大な量のRAW Bayerデータは、遅延や品質の低下なしにcloudに伝送され、ライブの制作に効率的なビットレートとRAWの柔軟性を維持することができます。

TicoRAWの詳細はこちら

ビデオ圧縮:
長期的解決策

画像圧縮は、圧縮されていないビデオを再び伝送するためにネットワーク帯域幅が増加する前の移行ソリューションと見なされることがよくあります。しかし、ロスレス品質とほぼゼロの遅延のおかげで intoPIX のブロードキャストソリューションは、非圧縮ビデオよりも様々な利点を持つ持続可能な代替であり得ます。



高い信頼性

順方向誤り訂正(FEC)を使用することで、圧縮されたビデオは、非圧縮よりもIPネットワーク上でのパケットロスの可能性が低くなります。


将来性

簡単にHDから8Kに拡張し、ビットレート、フレームレートを増加させる、...広範なネットワーク構造を必要とせずに。



より費用対効果の高い

intoPIXの 革新的な圧縮の実装により、ネットワークへの投資を大幅に削減し、COTS IP製品を使用することができます。 


業界のリーダー達は、
intoPIXの革新的な技術を信頼しています。

お問い合わせ
Explore Our Latest Broadcast News!