intoPIXは、JPEG XS規格に対応した8KTICO-XS IPコアの新製品群をリリース

29.10.20 02:45 PM Julieによる

新しいintoPIXコアで高品質、超低遅延、高価なメモリ使用なし、そして8Kの接続性を実現

8Kには手が届かない、非常に高いスループットのワークフロー、理不尽に大きなメモリバッファ、ハイエンドのケーブルや100GbEネットワークインターフェースが必要だと思うかもしれませんが...。 

低フレームレート、4:2:0のサブサンプリングを使用し、重い処理と追加の遅延でいくつかの不可逆的なデータ損失を導入し、品質に妥協する必要があると思うかもしれませんが...。

高品質で高密度な8K映像を、これまでのHDまたは4Kワークフローで利用されたCOTSのインフラストラクチャや機器上でシームレスに伝送することができたらどうでしょうか。

intoPIXのJPEG XS ISO規格に対応したTICO-XS 8K IPコアがここにあります。 ミッドレンジのFPGA ファミリ、Intel およびXilinx 、またはゲート数の少ないASIC 。 intoPIXの IPコアは大きな利点を提供します:

  • 品質に妥協はありません:JPEG XS規格で定義されているように、視覚的にロスレスであり、完全なUHDTV2仕様をサポートしています。
  • 認識できる遅延はありません:エンコード/デコードは合計で1ミリ秒以下で実行されます。
  • コストのかかるメモリの使用はありません:軽量ラインバッファは完全に内部RAMに格納します。
  • 管理可能なストリーム:圧縮ストリームは、2.5Gbpsまたは10Gbpsイーサネットなどの標準的なIP ネットワークを介して伝送されます。

ラインベース遅延は、遅延の問題をカバーします:エンドツーエンドでワークフロー内の複数の圧縮ステージで、全体的な遅延を気にしないで済むよう実行することができます。 視覚的ロスレスの映像品質は16:1 の圧縮率でも維持されます。


あなたのBOMはコントロール下です:あなたの設計のFPGAにIPコアが簡単に収まる設計で、メモリコントローラや外部DDRを必要としないでしょう。 

ビデオフォーマットとターゲットとなる8K TICO-XSコアに応じて、 最大8192x4320、60fps、120fps、4:4:4、4:2:2、モノクロームをサポートします。圧縮ストリームは10GbE, 5GbEまたは2.5GbEネットワークでさえ配信管理可能です。


ボーナス機能として、デコーダに2レベルのダウンスケーラが内蔵されています。8K TICO-XS圧縮ストリームからHDおよび4K解像度を追加処理なしで抽出することができます。


CPUとGPU SDKのフルスイートが利用可能で、intoPIXの 8K ソリューションは、妥協することなく 8K を最大限に活用するための鍵となります。


お気軽にお問い合わせください、intoPIX チームはあなたを8Kの世界に連れて行くことを約束しています!

8Kソルーションの詳細を読む
TICO-XS IPコアについて詳しくはこちらをご覧ください。

intoPIX TICO -XS 8K IPコアはすぐに入手可能です!

この新しいリリースの詳細情報を入手するには、以下のフォームにご記入ください。

?
確認コード
プレスリリースをダウンロード
プレスリリース画像
お問い合わせ

 Related content

製品:TICO-XS
メーカーへのIPコアとSDKとして提供のISO JPEG XS規格についての詳細
続きを読む
ソルーション:8Kソルーション
intoPIXの8K ソルーションについての詳細
続きを読む
ソルーション:ライブIP制作
画質を維持し、帯域幅を効率的に活用したプロフェッショナルなメディア制作を実現します。

続きを読む