JPEG XSを使用して、LAN, WAN, CLOUDでの高品質ライブ制作

05.03.21 11:53 AM  Julieによる

IP ネットワーキングは、新しいライブワークフロー、脱物質化された施設、cloud-based operation の中核となるSMPTE ST2022 および ST2110 規格とともに、メディアコントリビューションと配信に革命をもたらしました。 
intoPIXは、放送業界やライブ制作に不可欠なトランスポートソリューションを提供しています。WANまたはクラウドを介したLANでのトランスポートでJPEG XSは、既存のインフラ上で、低コストで、遅延なしにトランスポートを簡素化します。 

放送事業者として、重くてコストのかかるSDIケーブルの使用を余儀なくされることはもうありません。品質に影響を与えることなく、圧縮されたフローで簡単かつ迅速に作業することができます。


TICO-XSでSMPTE JPEG IP 2110 (-22)上で HD、4K、8K の伝送すると、あらゆるビデオフォーマットを で伝送することができ、 intoPIXのソリューションの利点をフルに活用することができます。JPEG XSは最小遅延(1ミリ秒以下)で視覚的ロスレスを維持しでIP(1G/10G/25G)を介してHD, 4K, 8Kストリームを管理するネットワーク容量を拡張できます。

JPEG XSの利点は、ライブ制作において多数あります。

LANでは

  • より安価なケーブル (CAT5e<1Gpbs、CAT6<10Gbps)
  • PCにフレンドリー
  • 新しいケーブルを再配置する必要はありません

WANを介して

  • 費用対効果の高い帯域幅:非圧縮ビデオより10倍~15倍小さい
  • 遠隔生産、VAR、設備間を容易にします

CLOUDの中に

  • CPU,GPU およびFPGAに効果的
  • 低遅延、低帯域アクセス(AWS CDI、...

 Related content

TICO XS ソルーション
intoPIXのTICO-XS CPU, GPU, FPGAでのISO JPEG-XS 標準化されたコーデックを実装したライブラリの詳細については、こちらをご覧ください。
続きを読む
intoPIXによる8Kソルーション
intoPIX では、8K ストリーミングや編集のワークフローやデバイスに対応した、現在入手可能な UHDTV 8Kソルーションを提供しています。
続きを読む
JPEG XSは何が違うのでしょうか?
ここで JPEG XSテクノロジーが他のコーデックと異なる点は、低複雑性、高品質、ゼロレイテンシーです。
続きを読む