ISE 2018の総括

15.02.18 05:29 PM Nils Fingerによる 

今回も記録破りなISE展示会が終了し、高品質のビデオディスプレイと伝送の急速な進歩を目の当たりにし、その一端を担うことができることに、私たちはこれまで以上に興奮しています。  

今年は1300社が出展し、8万人以上の来場者に自社の技術を紹介しました。 


すべての 見所 が展示されましたが、これらは特に私たちの目を引きました: 


TICO -> JPEG-XSが終盤になってきました!

金曜日に行われた講演では、TICOビデオ圧縮の専門家であるFrancois-Pierre Clouetが、当社の圧縮技術の最新の進歩と、今後のJPEG-XS規格への取り組みについて発表しました。将来のゲームチェンジャーであるJPEG-XSについての詳細はこちらをご覧ください。

8Kプロジェクションはもう事!

最初の4Kプロジェクターが手頃な価格で登場したばかりの時期に、今年のISEでは初めて市販された8Kプロジェクターの舞台となりました。8Kビデオトランスポートはまだ面倒なものとして見られていますが、ソリューションは実際に実装するのは難しいことではありません。続きを読む...

ProAVとブロードキャストの距離が縮まってきています。

両業界でビデオオーバーIPの普及が進む中、SMPTE ST2110などの新規格により、管理されたIPネットワークインフラを構築するためのIPへの切り替えが容易になっています。Xilinxブースではマクニカと共同で、帯域効率の高いAVオーバーIP伝送システムのデモを展示しました。見逃しましたか?続きはこちらから...

Crestron社のDM NVXはJPEG 2000ULLのおかげで無敗を維持

当社の革新的なJPEG 2000 ULL IPコアにより、標準的なCOTS 1GBイーサネット・スイッチで動作するDM NVXの遅延は、このセグメントのベンチマークを維持しています。Crestron社のブースでは、同等のソリューションとの直接比較を展示していました。ご自身の目でお確かめください。


すべてのお客様、パートナー様、来場者の皆様、素晴らしい展示会に感謝し、そして私たちの革新的な映像圧縮ソルーションに非常に興味持っていただいたことに感謝いたします。  


来年もお会いしましょう!

intoPIXチーム



ISE 2018を逃しましたか?

問題ありません、すぐに別のショーでお会いしましょう!

2月27日~3月01日
2月27日~3月01日
2月27日~3月01日