IETF RTP Payload Format for JPEG-XS (RFC 9134) が公開されました!

18.06.18 09:24 AM Jean-Baptiste Lorentによる 

TICOのJPEG XS標準化の急速な進展と相互運用性への道のりの一環として、IETF RTP Payload Format for JPEG-XS (ISO/IEC 21122) が提出され承認されました。 JPEG XSはIP を介したProfessional Mediaのために、SMPTE ST 2110-22 または IPMXのためのメザニン圧縮として標準化されています。 

これは、現在、IPベースインフラへの移行が進んでいる放送システムやプロAVシステムにおいて、より多くのピクセルを可能な限り低遅延と低複雑さで最高の品質で効率的に伝送するスマートな方法を探している場合に、JPEG XSを利用するための扉を開くことになります。

TICOのJPEG XSへの移行とintoPIXの関与とソルーションについての詳細は、intopix.com/jpeg-xsをご覧ください。

ISO/IEC 21122のRTP ペイロードフォーマット (JPEG XS RFC 9134 )

要約
この文書は、ISO/IEC 21122(JPEGXS)で符号化された動画像を伝送するために使用される RTP(Real-Time Transport Protocol)ペイロードフォーマットを規定します。 JPEG XS は、低遅延で軽量な画像符号化システムであり、解像度とフレームレートの向上を可能にすると同時に、消費電力や帯域幅などのリソースを削減しながら、視覚的にロスレス品質を提供することができます。
新しい IETF JPEG-XS RTP ドキュメントを見る

IP Media worflows & VSF TR08用のRTPペイロードパケ ット化モード

2つのRTPパケット化モードがJPEG XSペイロードで標準化されており、実装者の柔軟性を高めています。A コードストリームモードと A スライスベースモードです。

"Codestearm mode"はラスタースキャン順にコード化データを送信するのに対し、"Slice-based mode"は非連続的に送信するのが特徴です。


intoPIXとVSF TR08では、XS RTPペイロードに対し、 "Codestream packetization "を(デフォルトで)適用することを推奨しています。 これは、すべての実装において、XSコーディングとデコー ディングで最も低いレイテンシを提供するものです。 FPGA, CPU & GPUでのcodestream packetisation modeには、次のような利点があります。

  • JPEG-XS のより良い品質のエンコーディングと効率は、オンザフライでコンスタントビットレートのコーディング(数行の遅延、フレーム以下)を維持しています。
  • RTP(ST 2110-22)とMPEG2-TS(ST 2022-2)の間で、コードストリームを解析することなく、直接リマッピング(遅延ペナルティなし)を行うことができます。
  • RTP (ST2110-22) と MXF の間で、コードストリームを解析する必要のない直接のリマッピング (遅延のペナルティなし)。

逆に、Slice-based packetisation modeは、codestreamの非連続伝送の場合に推奨されるかもしれません。 これは、ワークフローにおいて他の遅延ペナルティを引き起こすという相互運用性の欠点を生じさせるかもしれませんが、GPU の特定の用途ではレイテンシーを削減できるかもしれません。この非シーケンシャルな利点は証明されておらず、ハードウェア (FPGA) やCPU (ARM/x86_64) の実装との相互運用が困難です。


当社の専門家にお問い合わせください

 関連:

TicoXS : IP-cores &.SDK
新しいJPEG XSと当社のソフトウェア&ハードウェアソリューションの詳細については、こちらをご覧ください。
Read more ...
ブロードキャストニュース
intoPIXは、IPベースのインフラへの移行を容易にします。
プロAVソリューション
intoPIXの技術が、あなたのAVオーバーIPインストレーションをサポートします。