ロスレスエンコーダ&デコーダ IPコア

一般的な説明

アーカイブとストレージだけでなく、ポストプロダクションにおいても、画質をそのまま維持することが常に優先されます。

今日、私たちのデジタル時代は、解像度の向上、フレームレート、ビデオ品質が帯域幅とストレージニーズを急増させているという、ますます差し迫った問題とこのニーズを関連付けています。ストレージとディストリビューションのニーズを半分または3分の一に削減しながら、あらゆる情報を変更せず、JPEG 2000と intoPIX M ロスレス (MLS) ファミリで、数学的にロスレス処理が可能になりました。 。シングル FPGAで最も強力で柔軟な JPEG 2000 IPコアは、数学的にロスレス圧縮を提供することができます。

FPGA & ASICへの構成

一般的な構成の一覧については、以下を参照してください。

 リファレンス IP コア (-エンコーダまたは -デコーダ)最大解像度 最大フレームレート カラーサンプリング ビット深度 最大ビットレート範囲(最大)
 IPX-J2K-HD-MLS-444-12 2048×1080~ 60fps
可変*
422/444 8, 10, 12
( 14, 16 - option )
数学的にロスレス
 IPX-J2K-UHD4K-MLS-444-124096×2160
~24fps
可変* 
422/444 8, 10, 12
( 14, 16 - option )
数学的にロスレス

*可変速度 - 数学的にロスレスコーディングは、コンテンツの任意の種類で保証されます。コアは、平均フレームレートを維持するように設計されています。単純なコンテンツでは、より早く処理され、ノイズが多いコンテンツではより時間がかかる場合があります。速度は平均推定値です。


あなたの必要な構成は、(正確に)ここにはありませんか? 追加機能? 高解像度? 正確な取得したい IPコアリソースの詳細が必要ですか? 

詳細情報

関連する IP と SDK